【日本では想像できぬ意外なきっかけ!?】BMWやポルシェが巨額投資で自前サーキットを建設する理由

2020.06.29

サマリー

自分のクルマを思い切り走らせたい場合、サーキットやオフロードコースに自分のクルマを持ち込むのが一般的です。いっぽうメーカー主導の走行体験型施設が増えています。海外の動きが日本に派生。理由を探ります。

もくじ

メーカー主導の走行体験型施設、増加
きっかけは、ディーラーへの来客急減
歯医者とディーラーには行きたくない
マス広告よりもマンツーマンで深堀り

メーカー主導の走行体験型施設、増加

text:Kenji Momota(桃田健史)

ハイパフォーマンス車を、思い切り走らせたい。そう思うユーザーは、サーキットやオフロードコースに自分のクルマを持ち込むのが一般的だ。

一方で、海外では最近、自動車メーカーがメーカー自前の施設で、ユーザーが最新モデル各種を操り本格的な走行体験ができる試みが広がっている。

自動車メーカーが自前の施設で、ユーザーが最新モデル各種を操り本格的な走行体験ができる試みが広がっている。
自動車メーカーが自前の施設で、ユーザーが最新モデル各種を操り本格的な走行体験ができる試みが広がっている。    ポルシェ

日本にも、計画がある。

ポルシェジャパンは2021年に、「エクスペリエンスセンター」(千葉県木更津市内)を開業する予定だ。2018年末に計画を発表している。

アメリカではすでに南部ジョージア州アトランタ郊外に同様の施設がある。

ショートサーキットやオフロードコース、またウェット路面を体験施設など、まるで自動車メーカーのテストコースのような充実した内容だ。

この他には、BMWが「パフォーマンスセンター」として、韓国を皮切りにアメリカでは南部サウスキャロライナ州や西部カリフォルニア州で大規模な施設として運用している。

ポルシェもBMWも、基本的には施設側が用意する車両を使い、初歩的な走行体験から、いわゆるレーシングスクールのような本格的な内容まで、プログラムの内容は多彩だ。

それにしても、なぜ最近になって、こうしたメーカーが主導する走行体験型施設の建設が進むのか?

背景には、自動車産業界が直面している大きな課題がある。

 
最新海外ニュース

人気記事