【EVだけじゃない!】マツダMX-30に、ガソリン・マイルド・ハイブリッド車 日本導入は2020年秋

2020.07.31

サマリー

マツダMX-30「ガソリン・マイルドHV仕様」の存在が明らかに。2.0Lガソリン・エンジンとハイブリッドを組み合わせ、「eスカイアクティブG」を名乗ります。2020年秋に日本導入と発表されました。

もくじ

e-SKYACTIV Gとは
EV仕様、リースに

e-SKYACTIV Gとは

マツダが昨年の東京モーターショーで公開した小型SUV「MX-30」は、同社初の量産EVとして注目を集めた。

このモデルに、新たにガソリン・マイルド・ハイブリッド車が追加されることが判明した。

マツダMX-30(マイルド・ハイブリッド仕様)
マツダMX-30(マイルド・ハイブリッド仕様)

ドライブトレインは、直噴ガソリン・エンジン「SKYACTIV-G 2.0」と、独自のマイルド・ハイブリッド・システム「M HYBRID(エム・ハイブリッド)」を組み合わせるという。

地域ごとに最適な動力源を適用する、同社のマルチソリューション戦略の一環として構想されたもので、「e-SKYACTIV G(イー・スカイアクティブ・ジー)」を名乗る。

EV仕様、リースに

マツダは、e-SKYACTIV Gについて「静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現します」と説明している。

また、日本導入が期待されているMX-30のEVモデルは、「今年度中にリース販売を開始する予定」と発表された。

マツダMX-30(マイルド・ハイブリッド仕様)には「e-SKYACTIV G」のエンブレムがつく。
マツダMX-30(マイルド・ハイブリッド仕様)には「e-SKYACTIV G」のエンブレムがつく。

 
最新海外ニュース

人気記事