国内ニュース

2018.01.10

三菱、あえて店舗に呼ばぬ戦略なぜ? ナイトショールーム展開 「家ナカ需要」に応える

編集部より

三菱は1月9日から1カ月、家でショールームを体験できる「ナイトショールーム」をはじめました。新SUVのエクリプス・クロスについて、ライブチャットを通じて見たり聞いたりできるというのです。その戦略とは?

text:Taro Ueno(上野太朗)

もくじ

ナイトショールーム、「家ナカ需要」に
毎晩1時間×2回 チャットで質問も
顧客層に変化 店舗よりも「ネット」

ナイトショールーム、「家ナカ需要」に

三菱は、新型コンパクトSUV「エクリプス・クロス」を使った、あたらしいWeb施策「NIGHT SHOWROOM(ナイトショールーム)」を1月9日(火)〜2月4日(日)の期間で実施する。

「ナイトショールーム」は、顧客がインターネット上でエクリプス・クロスを見ながら、リアルタイムでプレゼンターや開発者に質問ができるもの。

これを三菱は「Webを活用した、あたらしいクルマえらびの体験を提供するもの」と説明している。

時間は、ショールーム閉店後の午後8時〜11時。家でくつろぎながら、ライブでやりとりができる。「家ナカ需要」の高まりに応える施策であるともいえる。

「家ナカ」とは文字どおり、外出をせずに家のなかで各々が楽しむことを現している。

具体的にはどのように楽しめるのだろう?

next page毎晩1時間×2回 チャットで質問も

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ