ジェンセン、13年ぶりに復活か

公開 : 2015.02.25 22:45  更新 : 2017.06.01 02:11

ジェンセンが13年ぶりに復活する計画を立てている。前のアストン・マーティンの社長であったティム・ヒーレー率いるジェンセン・グループが、あの名車インターセプターの後継となるジェンセンGTを復活させようとしているのだ。

GTは現時点ではクレー・モデルのみの公開だが、この新しいGTを1970年代のオリジナル・モデルに現代的な解釈を加えたモデルだとしている。その生産は全てハンドメイドとなる模様で、生産台数は極わずかだ。価格は£350,000(6,000万円)程度になるとしている。

エンジン、ギアボックスに関しては様々なオプションが用意されているほか、顧客のオーダーにも応えられるという。

2016年前半からの生産に向けて準備中だが、まだプロトタイプの製作途中であるという。

“平均的なスポーツカーよりは良い点が与えられる” としており、オリジナルのGTよりも、よりパフォーマンス志向のモデルになるという。制限を受けるとすれば、レトロなスタイリングだという。

また、ジェンセンはインターセプター2を2016年中にリリースする予定だ。これは、オリジナルのインターセプターからデザイン・キューを受け継ぐものの、完全に最新のモデルであり、オリジナルのグランド・ツーリングカーのコンセプトを推し進めたものだという。