アルピナB3 GT3

公開 : 2012.08.10 18:46  更新 : 2017.05.29 18:24

■どんなクルマ?

アンディ・ボーフェンジーベン率いるアルピナGmbHの手によるハイ・パフォーマンスBMWの1台がこのアルピナB3 GT3だ。このGT3は、E92 335iベースのアルピナB3 S バイターボを更に発展させたモデルで、B3の最終型とも言えるものだ。その生産台数は僅かに99台でしかない。

エンジンは335i用直列6気筒2979ccのN54エンジンにツインターボを装着したもので、スタンダードなBMWエンジンよりも低圧縮比ながら402bhpを叩きだす。B3 Sの395bhpよりもパワーアップしたのは、チタン製エグゾースト・システムによるところが大きい。また、そのトルクは55.0kg-mと、M3のオーナーですら嫉妬を覚えるような値を得ている。M3 GTSと比較してすら約10kg-mもその値が大きいのだ。

そのシャシーは、コンペティション・モデルからのフィードバックがされている。サスペンションはその高さを調整できるだけでなく、ダンパーの圧縮側が12、リバウンド側が18ものセッティングが調整可能だ。また、フロント・ホイールのキャンバーも変更されている。

そのホイールは10kg未満だ。通常の鋳造ホイールは最低でも20kg以上あるので、その軽さは特筆すべきものである。ブレーキ・ディスクはフロントがΦ380で、6ピストン・キャリパーが奢られる。更に、リミテッド・スリップ・デフはB3 Sで不足していたと感じていた点だが、今回のGT3にはドレクスラーのメカニカル・リミテッド・スリップ・デフが装着されている。

■どんな感じ?

派手なエアロ・キットが取り付けられたボディだが、ボーフェンジーベンはM3 GTSよりも洗練されたスタイリングを目指したという。とはいうもののB3 GT3は、速いBMWとしての評判を築きあげてきたアルピナのマシンだ。故に、数マイルも走れば、暴力的なほどのパワーを持つクルマであることは明白に解るはずだ。

ロード・ノイズとエグゾースト・ノートは心地よく、予想外にしなやかな乗り心地にも驚かされる。但し、そのシャシー・パフォーマンスの全てを味わうには、公共のハイウェイでは物足りないのも事実。B3 GT3は”トラック・サラブレッド”なのだ。

私はM3の熱心なファンではない。というのも、複雑な電気式ダンパーとギアボックス、そしてディファレンシャルの最適な組み合わせを見つけ出すのという行為が好きではないからだ。しかも、それを路面状況に応じて変えるなどということはしたくない。ところがB3 GT3は、それをしなくても完璧なセッティングがされているのだ。保守的ではあるが、ドライバーの感覚に忠実なセッティングがされていた。

油圧ステアリングは少々重い。ベースとなった335i同様ダイレクト感には欠けるが、フィードバックがしっかりとしているのが特徴だ。

“ロード”モードでは、最悪の荒れた道以外では、素晴らしくスムーズなホイール・コントロールがされ、クッションの効いた乗り心地を与えてくれる。シャシーは驚くべきバランスと機敏さを持つ、そのターボ・エンジンが発するパワーにきちんと対応してくれる。

コーナーへのターンインは少し苦手だ。メカニカル・デフが高い直進安定性を保持しようとするからだ。しかし、一旦コーナーに入ってしまえば、そのアペックスを鋭くえぐり、素晴らしい立ち上がりを見せてくれる。ターボ・エンジンは一瞬のタイムラグがあるものの、一度大きなターボが効くエリアに入ってしまえば、強力なトルクを発生してくれるのだ。トラクションが抜けることもなく、スロットル・ステアもブーストが効いている回転数であればコントローラブルだ。

■「買い」か?

あなたがM3を今現在持っていて、買い替えを検討しているのであれば、B3 GT3にすべきであろう。確かにM3はオフィシャルなBMWであり、スムーズなパワー・デリバリーと、クリアなスロットル・レスポンス、そして信頼できるギアボックスを持っている。しかし、M3はB3 GT3より確実に遅い。しかも、アルピナは、より鮮明で心を奪うようなハンドリングを持っている。そして、サーキットにおいてはB3 GT3の方が楽しめることも事実だ。

全体的にも優れたユーザビリティを持つこのマシンは、ボーフェンジーベンの狙いどおりのクルマということができる。B3 GT3は、洗練されたという意味ではM3に勝てないかもしれないが、ニッチなマーケットに向けた素晴らしい出来のパフォーマンス・クーペである。そして、現在のところ、最高のハンドリングを持つ3シリーズであることも間違いない。

(マット・ソーンダース)

アルピナB3 GT3

価格 66,950ポンド(822万円)
最高速度 300km/h
0-100km/h加速 4.5秒
燃費 12.5km/l
CO2排出量 224g/km
乾燥重量 1535kg
エンジン 直列6気筒2979ccターボ
最高出力 402bhp/6000rpm
最大トルク 55.0kg-m/4500rpm
ギアボックス 6速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×