BMW 2シリーズ・アクティブ・ツアラーeDrive

公開 : 2015.07.02 23:30  更新 : 2021.01.30 21:17

リアはすでにお馴染みのZ-アクスルを用い、リア・ディファレンシャルやドライブシャフトは4WDのモデルと同じものを使用する。リアの電気モーターはリア・アクスル直後に置かれ、デフを介してダイレクトに駆動する。

フロント・フェンダーにある充電用のフラップと、バッテリーを搭載することで荷室が50ℓ小さくなった点以外は、まったくもってコンベンショナルな2シリーズと同じである。

■どんな感じ?

2つ、意外だと思うことがあった。

ひとつは4WD(フロントを内燃機関が、リアをモーターが駆動する)であることによって、とても安定感がある。

そしてもうひとつは、タイヤの接地部分のコンディションに合わせて極めて迅速に4WDシステムが対応できている点だ。

3人の大人が乗っても、トランスミッションは迷いひとつ見せない。トラクション・コントロールが不必要な介入をしてくることもまるでない。

基本的には2シリーズのオーナーがグラベルに飛び込んだりすることはないだろうが、BMWは迷いもせずにグラベルに突っ込んでみせてくれた。そしてその直後にBMWの自信の理由がわかった。電気-ガソリン4WDシステムは、まるでアスファルトの上を走るかのように安定したペースで走破できるのだ。

この他にはサーキットしか走っていないので乗り心地に関しては確実なことがいえないが、おそらく英国の道でも不満はないはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記
×