新型改良トヨタ・クラウンは2.0ℓターボに

2015.10.01

トヨタは、アスリート・シリーズ、ロイヤル・シリーズをマイナーチェンジすると同時に、マジェスタ・シリーズを一部改良し、全国のトヨタ店(東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット)を通じて、10月1日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、‘お客様の笑顔のために’ をキーワードとして、よりダイナミックなエクステリア・デザインへの変更に加え、2.0ℓ直噴ターボ・エンジン搭載車のグレード追加(アスリート・シリーズ)、ジャパン・カラー・セレクション・パッケージの設定(アスリート・シリーズ)などが特徴となる。

アスリート・シリーズは、フロント・バンパー下端まで伸ばしたグリル枠が低重心を強調。さらに、グリル両側のバンパーはコーナーへの張り出しと、後方へ向かう立体的な造形により、ワイド&ローの構えを強調する。

ヘッドライトは1灯の光源でロービームとハイビームの切り替え可能なBi-Beam LEDとなり、デイライト機能付の面発光LEDクリアランスランプが、精悍さと先進性を強調する。

リアビューはリア・ランプを一回り大きなリング形状とするなど、深みのある立体感を表現している。

ロイヤル・シリーズはフロント・バンパーに厚みをもたせ、グリル横の立体感を際立たせたことにより、押し出し感が強く、より上質感を表現している。

ロア・グリルをこれまでより低く設定するとともに、中央部より両サイドに伸びたクローム加飾がフォグ・ランプを囲むように配置され、上質さと低重心をしている。

「ときの移り変わりを表す日本の色」をコンセプトに、全12色を新規設定。天空(ソラ)、茜色(アカネイロ)、紺碧(アオ)など、日本の伝統的な言葉や詩をもとにした名称を採用しているのが外装色の特徴である。

初搭載となる2.0ℓ直噴ターボ・エンジン(8AR-FTS)は、低・中速域からの優れた加速性能を実現。最高出力は203ps/6400rpm、最大トルクは24.8kg-m/4800rpmとなる。

さらに今回のマイナーチェンジではボディ接合部の剛性強化、フロント/リア・サスペンションのチューニング最適化が施された。

構造用接着剤の採用に加え、スポット溶接の90ヵ所以上増し打ちし、ボディ接合部の剛性強化が、乗り心地の質感や操舵時の優れた車両応答性を確保しているという。

なお、今回の発表会では、同時に新CMも発表された。新公告キャラクターとして起用された豊川悦司は「はじめて見た時に、その色の美しさに感動しました」とコメントしていた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×