ヴォグゾール・アストラSRi 1.4ターボ

公開 : 2015.10.22 23:30  更新 : 2017.05.29 18:29

なおプラットフォームはクロスオーバー・モデルのアンダーピンとして再利用する予定はないとのことだ。

アンダーフロアをフラットにするためのトレーを設けなかったのは、コストを考えての判断だったという。代わりにアンダーボディそのものをフラットな形状にし、サスペンションが直接風を受けにくい形状とした。

1.6ℓエコフレックス・ディーゼルのCO2排出量はわずか82g/km。のちに1.4ℓのターボ・ガソリンも加わるとのことで、今回はこちらをテストする。

■どんな感じ?

キャビンのマテリアルと仕上げは全体的に悪くない。フォルクスワーゲン・ゴルフには及ばないが、フォード・フォーカスとは同程度ではある。

ダッシュボード中央に設置される新型のマルチメディア・システムは素早く動作し、スマートフォンの画面を反映することもできる。

シート・ポジションは悪くないが、ブレーキ・ペダルとクラッチ・ペダルの踏み心地は何だか安っぽい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事