ヴォグゾール・アストラSRi 1.4ターボ

公開 : 2015.10.22 23:30  更新 : 2017.05.29 18:29

車体そのものは小さくなっているが膝周りのスペースは3.5cm大きくなっている。伴って荷室も大きくなっている。

先代よりも10kg小さくなった1.4ℓユニットは静か。ウインド・ノイズも抑制されている。したがってNVHの主な要因はロード・ノイズとなる。

ギアノブの操作感も心地がいい。あらゆるファンクションが指先の延長上にあるかのように感じられるクルマが稀にあるが、アストラもその好例である。

あまりに大きいバンプを踏み越えると、キャビンにドスンと衝撃が伝わることがあるが、大方の路面状況において乗り心地は良好。

思わず声がでてしまうほどの楽しさはないが、日常の運転が退屈でたまらなくなることはない。

ただ、あえてライバルを引き合いにだすならば、フォーカスの方がよりコントロールしやすく、ゴルフの方がより洗練されているということになる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事