MG GS 1.5TデラックスAWD

公開 : 2015.10.22 23:40  更新 : 2017.05.29 18:07

小型SUVが勢いづく昨今、MGも積極的にマーケットに参加している。今回は中国で実力を試す。

■どんなクルマ?

MGといわれて思い浮かぶのは往年のスポーツカー。しかしここ最近のMGは、SUVの製造にも力を注いでいる。

エンジンは1.5ℓと2.0ℓのターボ・ガソリン。GMから供給されるものだ。今回試した1.5ℓは169psを発揮する。

外観はよくいえば個性的。言葉を選ばなければ醜いシロイルカのようであり、リアのデザインも間違いなく議論を生むだろう。

■どんな感じ?

ダッシュボードはチャコール一色であるが、レザー・シートはベージュと黒の2色から選べる。硬い手触りのプラスティックがたっぷりと使われているのは残念。

ベース・グレードにも6.0インチのタッチスクリーン・インフォテインメント・システムがつく。キャシュカイ(日本名:デュアリス)のものよりも大きい。

トップ・グレードであるデラックスならば8.0インチのスクリーンがつく。スマートフォンの画面を映しだすミラーリンクにも対応できる。ただし画面が沈みこみすぎている。見やすいとはお世辞にも言いがたい。

リバース・カメラやダイナミック・ガイドライン、ナビゲーションなどの標準装備は抜かりはない。

 
最新試乗記