ボルボV40 D4 R-デザイン

公開 : 2015.12.08 23:50  更新 : 2017.05.29 19:08

■どんなクルマ?

ボルボのCセグメント5ドア・ハッチバックたるV40、その日本でのラインアップに今年、クリーン・ディーゼル搭載のD4が加わった。それは、190psと40.8kg-mを発生する2ℓ直4ディーゼル・ターボに8段ATを組み合わせ、前輪を駆動するモデルで、中速域のトルクが強力なエンジンの恩恵で、ディーゼルのイメージを覆すほど活発に走るクルマだ。

ところが今、そのV40 D4のパフォーマンスをよりスポーティに味わうと同時に、ルックスもそれに相応しく仕立てたモデルが登場した。日本市場で200台の限定モデルとして発売された、V40 D4 R-デザインである。

それは、R-デザイン独特のスタイルを与えられたフロントおよびリア・セクションなどのエクステリア、上質なナッパ・レザーを張ったスポーツ・シートをはじめとする専用インテリアに加えて、シャシーには専用スポーツ・サスペンションや18インチ・ホイール&タイヤを装着している。つまりルックスだけでなく、ドライビング感覚にも注力したモデルなのだ。

しかも今回のD4 R-デザインは、ディーラー・オプションのエンジン・マネジメント・プログラム、「ポールスター パフォーマンス パッケージ」を装着している。これは、パワーを10ps、トルクを4.1kg-m強化して200psと40.8kg-mを得ると同時に、スロットル・レスポンスなどを素早くして、一段とスポーティなドライビングを可能にするものだ。

関連テーマ

 
最新試乗記