ディスカバリー・グラファイトおよびランドマーク・エディションを発売

2016.01.21

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ディスカバリーの特別仕様車、ディスカバリー・グラファイト・エディション、およびディスカバリー・ランドマーク・エディションの受注を開始した。

グラファイト・エディション(写真上)は、3.0ℓV6スーパーチャージド・エンジンを搭載する7シーターSUVのディスカバリーSEをベースにしたもの。19インチ・アロイホイールをはじめ、ダークアトラス仕上げのグリルメッシュやフェンダーベントなどの専用デザインを装着する2016年限定販売の特別仕様車だ。

エクステリア・カラーは全9色展開で、ボンネットとテールゲートにはブルネル色で ‘DISCOVERY’ の文字を配している。さらに、ステアリング・ホイール・ヒーター、ウッド&レザーステアリングホイール、インテリア・トリムフィニッシャー・グランドブラックを標準装備している。

ランドマーク・エディションは、HSEをベースに、専用の ‘LANDMARK’ バッジ(サイド/テールゲート)や、20インチ・アロイホイール(5スプリット・
スポーク)、ブライト仕上げのフルレングス・ルーフレール、ナルヴィックブラックのミラーキャップを装備し、外観と機能性を強化した限定20台の特別仕様車。

専用色として、ディスカバリーとしては初めてザンジバル(メタリック)を、インテリアにはタンのウィンザー・レザーシートを採用し、これにくわえエクステンデド・レザーパックを標準装備した。

価格は、グラファイト・エディションが7,410,000円。ランドマーク・エディションが9,005,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事