スパイカーC8プレリエーター、ジュネーブで初公開

公開 : 2016.02.11 22:30  更新 : 2017.06.01 01:38

スパイカーはC8プレリエーターをジュネーブ・モーターショーで公開した。

スパイカーの新型は、525 ps、61.2kg-mを発揮する4.2ℓV8を搭載。標準ではこれに6速MTが組み合わされ後輪を駆動する。6速ATはオプション設定だ。

車両重量1305kgのC8は、0-100km/h加速タイムが3.7秒、最高速度は323km/hに達するという。

これまでのスパイカーの例に漏れず、内外装はエキセントリックそのもので、アルミ製のスイッチやトリムに囲まれた室内は、むき出しのシフトリンケージや手縫いのレザーが目を楽しませる。

また、スマートフォン接続やデジタル・ラジオ、ツイン・スクリーン・ヘッドアップ・ディスプレイがクラシックなスタイリングとうまくミックスされている。

生産台数は限定50台の予定で、英国での価格は、£303,000(4823万円)。AT仕様は、£309,000(4918万円)だ。


▶ 海外ニュース / スパイカー、倒産を回避
▶ 海外ニュース / スパイカーに破産宣告
▶ 海外ニュース / スパイカーB6ベナトール・スパイダー

 

人気記事