次期メルセデス・ベンツGLEはよりアグレッシブなデザインへ

公開 : 2016.07.27 04:40  更新 : 2017.06.01 01:28

2018年モデルのメルセデス・ベンツGLEが、南ヨーロッパの路上でテストされているのをキャッチした。このテスト・モデルをミリ限り、新しいノーズ・デザインと、より突き出したボンネット、そして新しいヘッドランプが特徴のようだ。水平スラットと大きなメルセデス・バッヂをつけたフロント・ビューを始め、その他の部分は現行モデルとそう大きなイメージの変化はない。

最も大きな変化は、よりオフロード志向に見え、いくらかワイドになった新しいホイール・アーチである。また、オーバーハングが短くなり、ホイールベースは若干ながら伸びているように見える。

W166と呼ばれる現行のGLEは昨年デビューしたばかりだが、ポルシェ・マカンやレンジローバー・スポーツのライバルとなる新しいW167型と呼ばれる次期GLEは2018年にデビュー予定だ。

BMW X6やレンジローバー・クーペのライバルとなるGLEクーペもその後に発売される予定。

パワートレインについては、4気筒および6気筒ターボのガソリンとディーゼルが設定され、更にV8ターボを搭載したGLE 63も設定されることになろう。

関連テーマ

 

人気記事