アストン マーティンDB11

公開 : 2016.08.05 05:50  更新 : 2017.05.29 18:20

また、いかなるギアでもパワーのあまりトラクション・コントロールが慌てて介入することが多かった。また低速域のターボ・ラグもわずかながらに看取された。

ただ、極めて中毒的な、あたりをはばからない回転の高まり方を味わうと、細かいところは正直どうだってよくなる。音は大排気量のV12そのものだし、全身に鳥肌が立つほど速い。

アジリティはマクラーレン650Sとフェラーリ488 GTBの90%、乗り心地はメルセデスSクラスの90%程度。ただこれらを同時にバランスさせた点、そしてこのクルマの重量を考えると、大傑作といっていいだろう。

■「買い」か?

かつてわたしは、優れたシャシーをもつGTカーに出会ったことがなかった。そして今回、出会った。ターボをもつV12エンジンでこれほど壮麗なものがあるだろうか? それでいて動的性能に優れている。

テスト車は、ウインド・ノイズこそ見受けられたが、それ以外の問題はほとんどがエンジンが吹き飛ばした。販売が開始されていないため、厳密にはプロトタイプということになるが、致命的な問題はほとんどない。

CEOであるアンディ・パーマーいわく1000台をサイン・オフする予定。忙しくなるにちがいない。このクルマを気に入らないという人がいるならば、かなり気難し屋といっていい。われわれは5つ星を与える。


アストン マーティンDB11

価格 £154,900
最高速度 322km/h
0-100km/h加速 3.9秒
燃費 NA
CO2排出量 NA
乾燥重量 1900kg
エンジン V型12気筒5204ccツイン・ターボ
最高出力 609ps/6500rpm
最大トルク 71.3kg-m/1500-5000rpm
ギアボックス 8速オートマティック


▶ 海外初試乗 / アストン マーティンDB11プロトタイプ
▶ 海外ニュース / アストン マーティンDB11がグッドウッドでダイナミック・デビュー
▶ 海外ニュース / アストン マーティンDB11の最新スクープ

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事