アストン マーティンDB11

公開 : 2016.08.05 05:50  更新 : 2017.05.29 18:20

同じくエンジンをスタート・アップする際のフラストレーションが減ったのもいい。かつてのアストンの場合、キーをインサートしたのちに、もう1度強く押してエンジンをON。切る際はもう1度押す。その後、もう1度押せばエンジンが掛かるというわけではなく、1度キーを抜いて、ふたたび押すという動作が必要だった。

けれど、DB11の場合、キーレスである。スタート・ボタンをプッシュするだけでエンジンのON/OFFが可能なのだ。細かいところだがストレスが断然ちがう。

また、スタート・ボタンを押す時間によって、静かにエンジンをスタートするか、あるいは爆発的なエンジン・スタートとするかを選べるというのも嬉しい。

やはりエンジン音はいい。6.0ℓから、‘たったの’ 5.2ℓに ‘ダウンサイズ’ されてしまったが、V12ユニットは2対のターボの助けがあって609ps/6500rpmと71.3kg-m/1500〜5000rpmを生みだすのだ。オートマティックはZF製の8速となった。

エンジンはフロントの遥かキャビン側に収められている。トランスアクスル方式であるから重量配分も51:49となっている。ちなみに乾燥重量は1770kg。油脂類が加わったとしても、前後アクスルにはおよそ950kg程度しか重量がかからないということになる。

アストンはかつてのモデルと ‘異なって見える’ クルマを作ったのではなく ‘異なっていると体感できる’ クルマを作ったのだと説明している。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事