ホンダ、超小型EV、マイクロコミュータープロトタイプを公開

2012.11.13




ホンダは、国土交通省主導で検討されている超小型モビリティーの車両区分および欧州L7カテゴリーを視野に入れた近距離移動用の超小型EV、マイクロコミュータープロトタイプを公開した。このプロトタイプは2013年からさいたま市での実証実験を開始します。

このプロトタイプは、2011年の東京モーターショーで公開したコンセプトモデルを進化させたもので、超小型ボディでありながら、ドライバーの後ろに子ども2名分の乗車スペースを確保している。

バッテリー、モーター、コントローラーなどを床下およびリアスペースに配置し、動力機能をコンパクトに完結させたプラットフォームであるバリアブル・デザイン・プラットフォームを採用。さまざまな用途や顧客の要望に合ったボディや内装を、既存の自動車より比較的容易に開発・生産することも可能だ。

その他の特徴として、個人所有のタブレット端末をそのまま使用して、メーター類の表示やナビゲーション、オーディオ、バックモニターなどの機能に応用したり、ルーフに設けた太陽電池でタブレットのバッテリーを充電することが可能だという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事