ポルシェ911カレラ4 GTS

公開 : 2017.02.03 05:50  更新 : 2017.05.29 19:03

■どんな感じ?

おなじGTSでもそれぞれ装備は異なっている。

マニュアルを選べば、機械式LSD方式と、ポルシェ・トルク・ベクタリング(PTV:リア・ホイールにブレーキを掛ける仕組み)が自動で組みあわされる一方で、PDKだと、電子制御LSDと、PTV Plusが組みあわされる。PTV Plusは、後輪ブレーキング時に同時にディファレンシャル・ギアもコントロールする、というもの。

それにつけてもポルシェには、本当に多くの頭文字が存在する。

‘パワー・ステアリングPlus’ という仕様も選択できて、これは、駐車する時などの低速時にはステアリングを軽くするもの(テスト車には装着済み)。アクティブ・リア・ステアリングは装着されていなかった。

さぁ、まだまだ紹介すべきことはある。

ホイールはセンターロック式の20インチが標準。これは通常モデルよりも幅が0.5インチ大きい。リア・タイヤもカレラSよりワイドになっている。結果的に、フロント・タイヤは245、リア305サイズとなる。フロント・ブレーキは10mm大径化され、標準より大きい911ターボのパッドを履く。ディスクのハブはアルミニウム製だ。

内装は、アルカンターラ巻きのステアリングが目玉だ。GTSのラベルがそこかしこに並べられ、ダーク・カラーの装飾が室内をムーディーにしている。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記