終わりの見えない市販車の「パワー競争」 一体どこで頭打ち?

公開 : 2017.03.18 19:50  更新 : 2017.06.01 00:26

速いクルマをご所望ですか? だとすれば、それはスーパーな、疑う余地もない速さを兼ね備えたものでなければいけませんね。でも落ち着いて呼吸を整えたのち、この質問に答えていただきたい。「いったい充分なパワーって、どれくらいなのだろう?」

すでに「パワー競争」は終わっている?

題材となるのはフェラーリF12。これは最初から740psを発生させていたが、最終的にF12tdfで781psを兼ね備えたクルマへと変貌を遂げた。

そしてデビューしたばかりの812スーパーファストは800ps。終わりなき「パワー競争」は、われわれを星を追う子どものような気持ちにさせてくれる。ただ、ここ5年間を振り返るとどうだろうか?

正直なところ、親愛なる読者諸君のなかにはマクラーレンF1や、ブガッティ・ヴェイロンを頂点として、パワー・アップ競争は終焉を迎えているのでは? と思っている方もいるはずである。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事