70台のジャガー・ランドーローバー車が巨人のオフィシャルカーに

2017.03.24

ジャガーF-タイプR AWDクーペを興味津々とながめる巨人軍の選手。ジャガー・ランドローバー・ジャパンのクルマが、オフィシャルカーとして今後チームを支えてゆくことになりました。

高橋由伸監督をはじめ、コーチ、選手が利用するオフィシャルカー

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、読売巨人軍とオフィシャルカー契約を締結し、監督、コーチ、選手などを対象に、ジャガー車およびランドローバー車を70台提供することを発表した。

契約締結セレモニーに登壇したジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン代表取締役社長は、「日本のスポーツ界で最も成功しているプレミアムなチームと、創設以来初めてとなるオフィシャルカー契約を締結することができ、大変光栄に思います。巨人軍に安全なクルマを提供し、試合以外の場所ではリラックスしてほしいと思います」とコメントした。


東京ドームへの行き帰りなどに、ジャガーとランドローバーのモデルが活躍

これを受けて読売巨人軍の久保博代表取締役社長は、「英国を代表するトップブランドのジャガー・ランドローバー様にオフィシャルカーとしてサポートして頂けることになり大変感激しております。伝統を守りながら革新を追求する企業とチームのコラボレーションでお互いのブランド価値が一層高まっていくことを期待しています」と述べた。

提供車両は、ジャガーXJ、XF、F-タイプ、F-PACE。およびランドローバー・レンジローバー、同スポーツ、同イヴォークの7車種。提供台数は合計70台にのぼる。選手たちは東京ドームへの行き帰りなどにクルマを利用することになる。

また、今回の契約締結に伴い、3月31日に開幕する2017年度セントラル・リーグ公式戦では、東京ドームでおこなわれる読売巨人軍のホームゲーム全63試合で、ジャガーおよびランドローバーの特別ムービーがオーロラビジョンで上映される。


▶国内初試乗 / イヴォーク・コンバーチブルをオープンで雪上ドライブ!

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース