ACゼノス誕生へ! 破産から一転 ACカーズがゼノスを買収

公開 : 2017.03.25 20:36  更新 : 2017.06.01 00:26

1月に破産した英国の少量生産車メーカー、ゼノス。しかし、毒蛇はそれを見逃しませんでした。

破産管財人の管理下になって2カ月。ゼノスに救いの手を差し伸べたのは、ACコブラのリプロダクションで知られるACカーズ、そして彼らと手を組んだ投資家だ。

ACカーズが率いるこのコンソーシアムが見返りに手に入れたのはゼノスの全資産であり、これにはすべての知的所有権と新車在庫10台が含まれる。

ACカーズのアラン・ルビンスキーは、AUTOCARの取材に対し、ゼノスの大きな問題点は「製造コストがあまりに掛かり過ぎていたこと」とコメントしている。

ゼノスの買収金額は? 資金の出どころは?

ルビンスキーは買収にかかった費用や、コンソーシアムを組む投資家の名前を明かしていない。しかし、ACカーズと付き合いのある企業だとしている。

今後ゼノスの事業はACカーズが運営してゆき、ルビンスキーによれば「きっとACゼノス」と名乗ることになるという。