次世代型M5 ニュルブルクリンクのテスト動画 

公開 : 2017.04.03 10:05  更新 : 2017.06.01 00:25

次世代型BMW M5には、とうとう4WDがオプション設定されます。ライバルのメルセデス-AMG E63に対抗するために、どんな開発が進められているのでしょうか? ムービーも届いております。

次世代型BMW M5が、ニュルブルクリンクでテストを行っている。フロントの大きなエア・インテークと大径ドリルド・ブレーキ・ディスクが特徴だ。最新ムービーは本ページ下部で確認できる。

次期BMW M5 オプションで4WDも

この新しい5シリーズのフラッグシップ・モデルには、これまでのRWDに加えて、4WDもオプション設定されることになっている。

エンジンは、4.4ℓV8ツインスクロール・ターボの改良型を搭載する予定だ。パワー、トルクは現行のM5に搭載される558ps、69.4kg-mよりも当然ながら向上する一方、トランスミッションは現行モデル同様の7速デュアルクラッチになると考えられる。

スタイリングはグランルッソ・クーペからの流れを汲む

デザインは、2013年に公開されたコンセプト・モデル、ピニンファリーナ・グランルッソ・クーペからの影響が強く見られる。今回撮影された動画でも、大きく傾斜したリア・ウインドウとスロープしたブート・デッキが見て取れ、現行モデルよりもスタイリッシュな印象だ。

インテリアは、7シリーズのものと似たデザインで、48Vのエレクトリカル・アーキテクチャを使用するようだ。インカー・テクノロジーは、新型タッチ・パッドおよびタッチ・スクリーンにより、ピンチ、スワイプ操作が可能な第5世代のiDriveシステムが採用される。また、センターにあるロータリー・ダイヤルで様々な操作に対応する。

価格は、現行の£75,000(1,045万円)よりも僅かながら増加する予定だ。





海外ニュース / 新型M5 これまでの情報をヒントに、スタイリング予想にチャレンジ

 

人気記事