ルノー製ディーゼルを載せる日産マイクラ ガソリン優位の理由を探る

公開 : 2017.04.03 11:30  更新 : 2017.05.29 19:26

まことに評判がいい日産マイクラ。しかしガソリン版と比べてディーゼルは、そうはいかなかったようです。原因を探っていきましょう。

■どんなクルマ?

先代の悪評を払拭 デミオやポロに勝負

近年、競争が苛酷な小型車クラスにおいて、先代の日産マイクラは完全に出遅れていた。

乗り心地もハンドリングも芳しくなく、インテリアの質感は言うに及ばずであった。

加えて、ずんぐりしたその様は、誰に勧めるにもためらってしまった。

幸運にも、日産は宿題をきちんとこなし、今回のモデルチェンジで至極まともな仕事をしてきた。

マンガのようだったエクステリアのデザインは、シャープなライン主体の構成に改められ、インテリアにはやわらかな触り心地のプラスチック部品を多用。魅力的なトリムを導入している。

車体はワイド&ローの基調を強め、これは運動性の向上にも一役買っている。ベンチマークは、フォルクスワーゲン・ポロ、マツダ・デミオ、そしてわれわれのお気に入りのフォード・フィエスタである。

われわれは既にターボ付きのガソリン車をイギリスで試乗しているが、1.5ℓディーゼルdCiを試乗するのはこれが初めて。

いまのところ、発売中のマイクラで一番速いのがこのクルマなのだが、乗って楽しいかどうかを、AUTOCARはすごく気にしている。

 
最新試乗記

人気記事