トヨタ・ハリアー2017年版 ハイブリッド/2.0ℓターボ試乗 レクサスNXとの棲み分けは?

公開 : 2017.07.28 16:40  更新 : 2021.01.28 18:15

■「買い」か?

「ベントレーではないですか!」

試乗したダークブルーメタリックのPROGRESS(グレード名)E-Four、つまりハイブリッドにはFWDと電気式4WDがあって、後者の4WDだったわけだけれど、そのクルマから降りて室内を振り返った際、筆者は思わず笑ってしまった。ベントレーではないですか!

「ダークサドルタン」と呼ばれるインテリアを選ぶと、シートの座面と背面にダイヤモンド柄のキルティングが用いられるこちらになる。だけどこれ、ベントレー・ベンテイガとは異なり、合成皮革なんである。

でもって、車両本体価格は4,604,040円。レクサスNXのハイブリッドAWDが454万円からだから、細かい装備の違いはさておき、トヨタ・ハリアーのハイブリッドはプレミアムブランドよりも高いのだ。もちろん、ベンテイガの2,739万円にはおよびませんが。

それだったらレクサスの方がいいんじゃないの、エバリが利いて。と私なんぞは思うわけだけれど、エバリが利かない方がいい、という控えめな考えかたをされる消費者というのも世の中には存在していることもまた確かである。

かつてジャガーはベントレーの3分の1の価格で、ベントレーもかくやのスタイリングを実現し、立身出世を成し遂げた。

ハリアーはベントレーの6分の1の価格で、しかしこの分野のオリジナルとして日本国内の中間層にアピールする。ああ、わが沈みゆくニッポンのしぼみゆく中間層……。

もしいま、あなたの財布に何がしかのお金があり、中型のファミリーカーをご所望とあれば、ハリアーはその実用性においてきっとあなたを満足させるだろう。

そして、自動車の歴史についてあれこれ考える上でも、なかなか興味深い買い物となるに違いない。

トヨタ・ハリアー・ハイブリッドPROGRESS(4WD)

価格 4,604,040円
全長×全幅×全高 4720×1835×1690mm
最高速度
0-100km/h加速
燃費 21.4km/ℓ
CO2排出量 108g/km
乾燥重量 1800kg
エンジン 直列4気筒2493cc
最高出力:エンジン 152ps/5700rpm
最大トルク:エンジン 21.0kg-m/4400-4800rpm
最高出力:モーター(前) 143ps/3185-8000rpm
最大トルク:モーター(前) 27.5kg-m
最高出力:モーター(後) 68ps/3185-8000rpm
最大トルク:モーター(後) 14.2kg-m
ギアボックス シングルスピード

トヨタ・ハリアーPROGRESS(2.0ℓターボ/FF)

価格 4,050,000円
全長×全幅×全高 4720×1835×1690mm
最高速度
0-100km/h加速
燃費 13.0km/ℓ
CO2排出量 179g/km
乾燥重量 1670kg
エンジン 直列4気筒1998ccターボ
最高出力 231ps/5200-5600rpm
最大トルク 35.7kg-m/1650-4000rpm
ギアボックス 6速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事