マクラーレン570Sスパイダーに試乗 フェラーリ488、ウラカンより「買い」

公開 : 2017.07.28 18:10  更新 : 2017.07.28 18:36

マクラーレン570Sスパイダーの試乗記です。「スパイダーだから◯◯」なんていう議論、今やもう不要なのですね。安定の★★★★★。同時に、AUTOCARイチの皮肉屋、カケット記者の腕の太さにも注目です。

■どんなクルマ?

570Sは、スパイダーでも「カタい」

570Sスパイダーは、£164,750(2400万円)から購入ができるが、乗り出し価格は£200,000(約2914万円)近くになるはず。エクスクルーシブであることに疑いはない。

構造は、スパイダーの派生車種を前提にされているのだから、マクラーレンの次の一手を予見することは難しくない。パフォーマンスに関しても、その販売台数に関しても。

オープントップモデルは、570psを発生する3.8ℓツインターボのV8と7速の変速機を共有する。モノセルIIとなったカーボンファイバー製のタブと万能なダブルウィシュボーンサスペンションも同じである。

大きな違いは、46kgの重量増であるが、それは、ボタンひとつで、15秒で収納できる、複合素材でできた屋根の代償である。

12Cの時と同じ様に、ライバルと比べた時、オープン化の代償が少ないのがモノセルの美点。570Sは、ねじれ剛性を確保するために、自身の屋根には依存していないので、追加の補強は必要ない。

つまり、スパイダーの車体剛性がクーペよりも劣るということはない。

関連テーマ

 
最新試乗記