CX-3 2.0ℓガソリン車に試乗 ディーゼルと比較、価格/走りを評価

公開 : 2017.08.03 06:10

マツダ車の作り込み そのメリットは?

ATのクリープで動き出させて、そこを後押しするように緩やかに踏み込む発進時、路面勾配や緩加速に合わせて緩やかに踏み増しする時の加速度の立ち上がりは鋭い。ペダル操作を正確にトレースするような加速度の変化だ。これに対して素早く踏み込むと加速反応は早いものの加速度上昇は穏やか。必要とする踏み込み量を予想するに程よい加速の立ち上がり方である。


神経鋭く運転すれば、このようにマツダの気遣いを知ることも可能なのだが、最も重要なのはこういった「扱いやすさ」が普通に運転している時には現象として実感できないことだ。スムーズな加減速ができるようになったとか、思った速度を維持しやすくなったとか、坂道発進が恐くなくなったとか、何となく運転しやすいとか、という類のよさである。そのよさは履き心地のいい靴のようなものなのだ。


付け加えるなら、ペダルコントロールが穏やかになるので変速頻度が低下し、巡航ギアの維持と常用回転数の低下にも繋がる。大幅向上はないにしても、ドライバーの運転技量や走行状況によるエンジン騒音や燃費の変動が少なくなるのは具体的なメリットのひとつだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事