CX-5、アテンザ、「サポカーS・ワイド」車に i-ACTIVSENSE標準装備 マツダ

2017.08.03

マツダ「CX-5」「アテンザ」の全グレードが、「サポカーS・ワイド」車になり、新発売されました。安全技術を標準装備化した今回の変更点をご確認ください。

「サポカーS・ワイド」とは?

マツダは、
・CX-5
・アテンザ
の全機種に、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、本日より発売した。

同社は主要5車種に「i-ACTIVSENSE」を標準装備することを公表しており、デミオ、CX-3に続き、上記2モデルにも適用された形になる。

なにが搭載? CX-5、アテンザの安全装備

新たに標準装備されるのは、認知支援技術の「先進ライト」と「車線逸脱警報システム」。

このふたつの認知支援技術と、既に全機種で標準装備している
・アドバンスト・スマートシティ・ブレーキサポート
・AT誤発進抑制制御(前進時)
により、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」のうち、特に高齢ドライバーに推奨されるセーフティ・サポートカーSの「サポカーS・ワイド」に、CX-5、アテンザの全機種が該当することになる。


これに加えて、
・ブラインドスポット・モニタリング
・リア・クロス・トラフィック・アラート
など、車両周囲の危険認知をサポートする機能も、新たに全機種に標準装備した。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース