トヨタ、AIの開発加速へ Preferred Networks社に約105億円出資

公開 : 2017.08.04 15:04  更新 : 2017.12.14 12:31

トヨタと株式会社Preferred Networksは、自動運転技術など、モビリティ事業分野におけるAI(人工知能)技術の共同研究開発を加速させるため、トヨタが追加出資することで合意しました。

もくじ

物体認識や車両情報の解析の加速へ
PFNへの出資 トヨタのもくろみは?
株式会社Preferred Networks、どんな会社?

物体認識や車両情報の解析の加速へ

追加出資の金額は約105億円で、トヨタは株式会社Preferred Networks(以下、PFN)が第3者割当増資により発行する株式を引き受ける。

トヨタとPFNは、2014年10月から共同研究/開発を実施しており、関係強化を目的に2015年12月、トヨタがPFNに約10億円を出資した。

これまで、物体認識技術や車両情報の解析技術などについて共同研究/開発を実施してきたが、今回、両者の関係をさらに強化し、共同研究/開発を加速させるとのことだ。