2017 16th.+1 Trofeo Tazio Nuvolari in Hokkaido

2017.07.15~17

北の大地を舞台にヒストリックカーラリーが開かれました。その名は「トロフェオ・タツィオ・ヌヴォラーリ・イン・北海道」。伝説のドライバー、タツィオ・ヌヴォラーリを称える歴史のあるイベントで、戦前車から各時代を代表する世界の貴重なクルマが26台参加しました。

text & photo:Scuderia Tazio Nuvolari Asia

17回目を迎えたトロフェオ・タツィオ・ヌヴォラーリ・イン・北海道

7月15日~17日の3日間の行程で開催いたしました「16th.+1 トロフェオ・タツィオ・ヌヴォラーリ・イン・北海道/TTN」は、戦前の車両を始め1950年代以降の時代を代表する世界の貴重なクルマが、地元北海道はもちろん関東や関西地区から26台参加しました。

今年は数年ぶりに道南は函館からのスタートとなりました。Day-1のゴールはルスツ、Day-2はルスツから苫小牧を経てサホロ、Day-3の最終日はサホロから富良野、赤平を経由してゴール。千歳市のキリンビール北海道千歳工場までの約750kmの行程となります。

また大会の運営には、関谷正徳氏と、砂子塾長に今年もスーパーバイザーを努めて頂きました。今回もフィアット・クライスラー・オートモービルの協力を得てアバルト124スパイダーとアバルト595をオフィシャルカーにし、参加車両の安全を確保するために役立たせて頂きました。


Day-1の15日は北海道とは思えないような猛暑となりました。会場となったのは函館蔦屋書店の駐車場で、まずPC競技を行ってからスタートとしました。多くの観客に見送られ函館近郊の隠れた景勝地「きじひき峠」を目指します。今回は、偶然にも北海道にご家族で遊びに来られていました在阪イタリア総領事のロンバルディ氏に、スタートのフラッグをお願いしたところ快く引き受けて下さり、雰囲気を盛り上げて頂きました。

レストポイントとなる「きじひき峠」を通過し、ニセコから雄大な羊蹄山麓を横目にジャガイモ畑のなかを駆け抜け、真狩村の道の駅「真狩フラワーパーク」にて休憩。その後、Day-1のゴールとなるウエスティン・ルスツ・リゾートに全車無事に到着しました。

 

人気記事