ランドローバー・ディスカバリーSVX 524psの本格クロカン フランクフルト

公開 : 2017.09.12 18:40

標準モデルは新エンジンを追加し装備を充実

また、ディスカバリーの標準ラインナップにもテコ入れが図られた。追加設定された2.0ℓ直4ガソリンは、300ps/40.8kg-mの“インジニウム”ユニット搭載モデルで、CO2排出量は222g/kmだ。

内装では、HSEとHSEラグジュアリーの各グレードに12.3インチのTFTインタラクティブ計器盤を標準装備。「インコントロール・タッチ・プロ」インフォテインメントシステムには、10.0インチのタッチパネルが備わり、SEグレードにも4G Wi-Fiが導入された。

改良版ヘッドアップディスプレイはオプションで、オフロードでの走行情報などをフロントウインドウにフルカラー投影する。そのほか、外気を導入時に浄化する空気清浄機も用意されている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事