新型ボルボXC60 T5、日本国内試乗 「小さなXC90」の前評判は?

公開 : 2017.10.16 14:15  更新 : 2017.10.17 00:33

いよいよ日本でも発表された新型ボルボXC60。乗った印象はどうなのでしょうか? 吉田 匠さんが早速試乗しました。

もくじ

どんなクルマ?
XC60 Q5、GLC、X3をロックオン

どんな感じ?
内装「新鮮」 2ℓ直4+8速ATも◯
標準サス好印象 エアサスにも意義

「買い」か?
これが今の「ボルボらしさ」

スペック
ボルボXC60 T5 AWD インスクリプションのスペック

どんなクルマ?

XC60 Q5、GLC、X3をロックオン

今年のジュネーブショーで発表され、大きな注目を浴びたといわれるボルボの新型SUV、XC60が日本に上陸した。そのスタイリングは先代XC60とは雰囲気が異なり、去年から日本でも発売されている新XC90の縮小版という印象だが、実際その中身のメカニズムもXC90と共通する部分が多い。

クルマの基本骨格といえる部分は、XC90にも使われたそのSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)というサイズ可変のモジュラープラットフォームを採用、全体のサイズをXC90より小型化してXC60を構築している。

新型のボディサイズは、全長4690×全幅1900/1915×全高1660mm、ホイールベース2865mmというもので、XC90よりひと回り小さく、全高もやや低い。

車重は仕様によって1830〜2170kgの範囲にあって、これもXC90と比べると200kg前後軽い。一方、他社の同カテゴリーモデルと比べると、新型アウディQ5、メルセデス・ベンツGLC、BMW X3などと、ほぼ同様のサイズだといえる。

スタイリングは後方からのルックスこそ先代XC60につうじるものを感じさせるが、XC90にも共通するイメージのグリルを始めとするフロントスタイル、および前輪とフロントドアの間の空間が長いプロポーションなどは先代とは明らかに異なり、新しいボルボSUVの姿を提示しているといえる。

パワートレインの構成も基本XC90と同様で、2ℓ直4ガソリンのターボエンジンを中心に、そのハイパワー版、それに電気モーターを組み合わせたツインエンジン、さらに2ℓ直4ディーゼルターボなどが順次用意される。

他社のライバルには2WD仕様の設定もあるモデルがあるのと違って、全車AWDであるところもXC60のポイントのひとつだといえよう。SUVであるならAWDでなくちゃ、とボルボはきっと真面目なのである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事