新型Eクラス・カブリオレ日本発売 735万円〜 メルセデス・ベンツ

公開 : 2018.01.19 12:10  更新 : 2018.01.19 13:15

アコースティック・ソフトトップ どんな構造?

新型Eクラス・カブリオレ日本発売

新型のルーフは、遮音性に優れたアコースティック・ソフトトップを採用。3層構造のアウターそれぞれに遮音効果と耐候性に優れた素材を用いている。ウレタンフォームに、高い断熱・吸音効果を発揮するインナーを組み合わせ、クラストップレベルの静粛性を実現した。

新型Eクラス・カブリオレ日本発売

ルーフの開閉は、約50km/hまで操作可能で、約20秒で完了できる。オープンドライブ時には、フロントウインドウ上部のウインドディフレクターとドラフトストップから構成される「エアキャップ」が空気の流れを上方に高く跳ね上げ、後方から室内への巻き込みを低減。

前席には温風で首元を暖めるエアスカーフを装備。シートバックに内蔵した超小型セラミックヒーターにより暖められた温風をヘッドレストのエアダクトから乗員の首元に送る装備だ。
 

関連テーマ