英国編集部、日本の軽スポーツに試乗 ホンダS660/ダイハツ・コペン 前編

公開 : 2018.02.24 06:10  更新 : 2018.03.01 01:17

2台を目の前にすると

実際、ふたつとも驚くほど小さい。われわれが2台で東京を出発してすぐの信号で、3.0ℓV6のジャガーFタイプ・クーペと並んだ際、S660の4倍も大きいジャガーのドライバーはきっと「かわいらしいクルマだ」と思いながら見下ろしていたことだろう。

彼がそう思うのももっともだ。両モデルとも何をしても許されてしまうぐらい愛らしい姿をしているのだから。これに関する詳細は後述する。

われわれは、日本の首都である東京から富士山の上の方まで、各地を巡りながら進むツアーに出発した。その理由は、EU離脱問題後のイギリスと日本の貿易交渉において軽スポーツカーをイギリスに輸入する取り決めを交わすべきか見極めるためだ。

結局のところ、日本もイギリスも世界では数少ない右ハンドルを採用しているため、仕様を変更しなくても良いのがメリットだ。

スポーツカーの輝きを取り戻すべく、シビック・タイプRとNSXに次いでホンダが第3弾として投入するのがS660である。2シーターのS660はミドエンジンで、後輪駆動という点ではシビックよりもNSXに近い。

エンジン排気量は660cc、最高出力は自主規制値の64psだ。だが、ターボのおかげで最大トルクは10.6kg-mと大きく、6速マニュアルも用意されている。

つまり、伝統的なスポーツカーのスタイルを踏襲しているのだ。ルーフを開ける時はソフトトップを手で外してフロントフードのユーティリティ・ボックスに収納する、といったように。

ボックスは最大積載量が10kgまでで少量の荷物なら載せられるが、水筒ぐらいしか入らない大きさだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事