英国編集部、日本の軽スポーツに試乗 ホンダS660/ダイハツ・コペン 前編

公開 : 2018.02.24 06:10  更新 : 2018.03.01 01:17

まずはダイハツ・コペンに試乗

わたしはまずコペンに乗ってみた。

少なくとも乗り降りはしやすいので第一印象は良かった。ただ、その後の印象はいまいちで、クラッチが重たい、ハンドルを回しても最初の1/4回転ほどは動作しない、3速に入りにくい、レストランに入る時の路面段差で大きな衝撃を感じる、という感想を持った。

それでも、コペンの視界は良く、前を走るホンダも良く見えた。マクラーレンを小型化したようなS660のリア・ウインドウは、650Sスパイダーのように開けて3気筒ターボが奏でる音を室内に充満させることができる。

もしかしたらわたしはコペンにあれこれ注文を付け過ぎているのかもしれない。素晴らしい面があるのも事実だ。

例えば、ハンドルが大きく、タイヤはバイクのように細くて洗練されていて、軽い操縦性のおかげで混雑した東京を運転しやすい点など。さらに、イギリスでプジョーやアルファ・ロメオなどが採用しているナビ・システムに比べて日本のナビの方が使いやすいこと。

東京を走っている時、われわれは2度停車した。ひとつ目は、地元でお化けトンネルと呼ばれる最も低いトンネルで、もうすぐ無くなる予定だ。中を歩く時は背を屈めて歩かなくてはならないほどで、後で窮屈なS660に乗り換えることを考えるといい準備運動になる。

そこから、有名なレインボー・ブリッジに向かった。

後編につづく。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事