シビック・タイプR「ピックアップ・トラック」コンセプト 英国ホンダ

公開 : 2018.05.24 22:30  更新 : 2018.05.24 22:30

生産化は? 実用性は?

ハッチバックのラインを保つためにボディサイドに使用されたカスタムパーツの開発期間は8週間。そのうち最初の5週間が企画・設計のために、残り3週間が製造のために費やされた。


車重は非公開であるが、後席を撤去したとはいえ、インテリアとルーフをカスタム、荷室表面をメタルにしたことからウエイトアップは避けられないと考えられる。

荷室は長さ1550mm、幅830mmもあり、写真のようにホンダの芝刈り機2台を呑み込む。

英国ホンダは、生産化の計画はないと話しているが、本コンセプトは同社で機器の移動時などに使用されるという。

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『シビック・タイプR ピックアップ・トラック』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×