フィアット500S「マヌアーレ」 ツインエアを5速MTで 100台限定

2018.05.30

フィアット500S「マヌアーレ」が、限定100台で発売されます。2気筒エンジン+5速MTという楽しそうな1台。マットなグリーン、イタリアンなブルーという2色が用意されました。6/9発売です。

マヌアーレ 「自ら操る」というモデル名

FCAジャパンは、フィアット500の限定車「500Sマヌアーレ」を、6月9日より100台限定で発売する。

当限定車は、高出力で低燃費の直列2気筒ツインエア・エンジンに、マニュアルトランスミッションという限定車ならではの組み合わせを実現した1台。

マヌアーレは、「自ら操る」を意味するイタリア語。その名の通り、500Sマヌアーレは、マニュアル車の人気が高いイタリア流のクルマの楽しみ方を提案する限定車だ。

ボディカラーは、マットな仕上げが新鮮なアルペングリーンと、爽やかなイタリアブルーの2色を設定。さらに足元には、スポーティな走りを予感させるダークグレーのアルミホイールを採用した。

インテリアは、ボディカラーに応じてアクセントカラーをあしらった500S専用のファブリックシートやインストルメントパネル、レザースポーツステアリングホイールなどを採用。ドライバーを高揚させる、イタリアらしい遊びのこだわりに満ちた1台に仕上げた。

外装色:
アルペングリーン・マットメタリック(60台)
イタリアブルー・メタリック(40台)

専用装備:
500S専用エクステリア/インテリア
15インチ5ダブルスポーク・アルミホイール

価格:239万円

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『フィアット500S「マヌアーレ」 ツインエアを5速MTで』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事