発表前に開発中止になった21台のクルマ 後編

公開 : 2018.08.26 17:10  更新 : 2021.03.05 21:36

ポンティアックG8 ST(2009年)

この乗用車ベースのピックアップは、現代版のシボレー・エルカミーノといった成り立ちに、ハイパフォーマンスを盛り込んだモデル。366psの6.0ℓV8の搭載が予定されたG8 STはオーストラリアのホールデンが生産し、GM幹部は年間5000台程度を販売する予定だと語った。しかし2009年1月、GMは経営破綻目前となり、この強力なセダン・ピックアップが市販されないことがディーラーに通達された。

2009年4月には、ポンティアック・ディビジョンの廃止を発表したGM。翌年いっぱいで全てのモデルが生涯を終え、高名なネイティブ・アメリカンの名を戴いた老舗ブランドは84年の歴史に幕を下ろした。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×