発表前に開発中止になった21台のクルマ 後編

公開 : 2018.08.26 17:10  更新 : 2021.03.05 21:36

ジャガーC-X75(2010年)

ジャガーは75周年を迎えた2010年に、C-X75と銘打った未来的なコンセプトカーを発表した。パワーソースは、ガスタービンと電気モーターのハイブリッドで、エンスージアストたちの反応はポジティブなものが圧倒的に多かったため、ジャガーは250台限定での市販化をアナウンスする。ところが、プランは直後にキャンセル。世界的な不況が、ハイエンドモデルのマーケットに大打撃を与えたためだ。

2015年、AUTOCARはジャガーが80周年にあたり、C-X75プロジェクトを再考していると伝えたが、残念ながら量産に結びつくことはなかった。7台のみが製作されたが、これは映画『007スペクター』の劇中車で、うち5台はカースタントに用いられた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×