発表前に開発中止になった21台のクルマ 後編

公開 : 2018.08.26 17:10  更新 : 2019.05.04 13:03

自動車メーカーが開発中止を明らかにすることは滅多にありません。そのため、それと知るのは数年経って待ち望んだクルマが発売されないと気づいてから、ということが一般的ですが、当時の取材記事などにもあたって、あのクルマのその後を探ります。

BMW M3コンパクト(1990年代)

1990年代のBMWは、新規セグメントの開拓を望んでいた。そこにはMディビジョンの業務拡大も含まれ、3シリーズ・コンパクトのMモデルが試作されている。このクルマには、若い顧客を呼び込み、彼らを固定客とする足がかりになることが期待されたのだ。鼻先に搭載したのは、321psの3.2ℓ直6だ。しかしミュンヘンの面々は、型落ちのE30シャシーを用いたコンパクトには、直6を積むにしてももっと非力なユニットにすべきだということに気づかされたのである。

関連テーマ