ミニの将来 方針転換か BMWと長城汽車の提携が鍵

公開 : 2018.09.28 10:40

ミニの親会社であるBMWは、2021年以降プラットフォームを2種類に絞る方針を示しました。この新開発のマルチフューエル・プラットフォームは高価かつ大柄なため、ミニに使用可能な安価なプラットフォームを長城汽車と共同開発する可能性が浮上しています。

もくじ

BMWの新製品計画
新開発マルチフューエル・プラットフォーム
安価なプラットフォームを求めての協業
BMW、中国進出の理由

BMWの新製品計画

BMWの製品計画変更にともない、ミニの将来が見直されている。

AUTOCARでは、これにより第4世代ミニの計画はいったん白紙撤回され、2023年まで新型車が登場しないと考えている。2019年後半に予定されている大掛かりな変更さえ、再考される可能性がある。

ひとつの案としては、BMWが中国の長城汽車と共同で小型車向けFFプラットフォームを開発するというものがある。これが2023年以降ミニに採用されるのだ。

また、第4世代ミニのラインナップは縮小されるとのうわさもある。これによりカブリオレや3ドアモデルが廃止される。

これはBMWが今後のモデルに使用するプラットフォームをふたつに絞るという決定に由来する。前輪駆動車にはFAARを、後輪駆動車にはCLARを用意するとのことだ。

内部筋によれば、FAARアーキテクチャは高価すぎる上に大きすぎることからミニの新型車計画が宙に浮いてしまったという。

関連テーマ

人気テーマ