試乗 BACモノ 鋭い走り F3マシンのような運転感覚

公開 : 2018.11.19 12:05  更新 : 2021.03.11 15:57

どんな感じ?

乗り込むにも作法が

その走りを確かめるべく乗り込むにも手順がある。多くのオーナーは体に合わせて製作された固定式のカーボン製シートを選択しているという。調整するのはペダルの方だ。

そして手に合わせて作られたクイックリリース・ステアリングを外し、全天候型「スエード」のデッキにおく。そしてコクピットに滑り込む様は手に手袋をはめるようだ。

BACは最近カーボン製のセーフティ・セルを56mm拡大しているが、居住性は悪化してはいない。エイドリアン・ニューウェイのレッドブルF1マシンのようにドライバーの膝の可動域に合わせた切り欠きがあるわけではないが、ジップ付きのサイドポケットにもどうにか手が届く。乗り降りを補助してくれるひとが欲しいと思うかもしれない。簡単にいえば、「狭い」ということだ。

すでに心臓は高鳴っている。慣れない雰囲気だけが理由ではない。綺麗に並んだマットカーボンのパネルはブレーキバランスや5ステージのトラクションコントロールの調整に使うものだ。まずは中くらいのセッティングにしてみた。他にも消火器のボタンや、燃料ポンプ、電気系統のスイッチも取りつけられている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事