試乗 BACモノ 鋭い走り F3マシンのような運転感覚

公開 : 2018.11.19 12:05  更新 : 2021.03.11 15:57

マシンとの対話を楽しむ

このクルマが持つレースのDNAは、このアシスト無しのステアリングのロック・トゥ・ロックが1.7回転しかないことからもわかる。低速域でのシフトチェンジをする際には、クラッチを操作してヒューランド製6速シーケンシャルの動作を助ける必要がある。つまり、基本的な構造はフォーミュラ3のマシンと同様だ。

ある程度このクルマに慣れたら、BACモノの走りに退屈さは一切ない。これにはさほど時間はかからないだろう。操作に対してまさに1対1とも感じられる正確なレスポンスを示すのだ。

このクルマはうるさく、風の巻き込みもひどい。しかし、911GT3RSのようなマシンと並んでも驚異的なほど引き締まって敏感だ。すぐにこの309psのエンジンやサスペンションとの対話を楽しむことができるだろう。まるで操り人形師になったかのようだ。

ただし、こんな天気の日に気軽に8000rpmのレッドラインに向けてアクセルを踏み込めるクルマではない。グリップレベルは高いが、高いシャシー剛性はウェット路面でフロントが逃げがちだ。また低速コーナーで回転を合わせ損なえば、電光石火のギアシフトによりテールスライドを誘発してしまう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事