試乗 BACモノ 鋭い走り F3マシンのような運転感覚

公開 : 2018.11.19 12:05  更新 : 2021.03.11 15:57

容赦無く鋭いレスポンス

重量物が車体中央に集まっていることから、荷重移動に対する反応は鋭い。スロットル操作も慎重に行う必要がある。NAゆえターボラグがないことからやや状況は単純だが、エンジンと路面状況に気を配る必要があることに変わりはない。

加速性能はどうだって? 0-97km/h加速はなんと2.7秒、最高速度は274km/hに達する。ただし、最新のターボ付きアトムほど速くは感じない。両者ともに驚異的に早いが、アリエルのハンドリングはやや穏やかだ。

ペダル、パドル、ステアリングのすべてが完璧に配置されている。走行中のすべての動作が喜びに溢れ、ドライバーを夢中にさせるのだ。そしてフォーミュラマシンを運転しているかのような感覚に陥らせる。

わだちや路面の反りが無く、路面が綺麗で、もたもた走る一般車やその他の懸念事項のないドライのサーキットであれば、モノはこれ以上ないクルマだ。来年完全なロードテストとサーキットでのラップタイム計測を行う予定だ。ここまでの感触では、いかなるハイパーカーも油断はできないだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事