カーレビュー

2018.02.18

回顧録 ロータス2イレブン vs アリエル・アトム300 vs エルフィンMS8クラブマン vs ケーターハムR400 vs ブルック・ダブルR 前編

ロータス2イレブン/アリエル・アトム300/エルフィンMS8クラブマン/ケーターハムR400/ブルック・ダブルR

文・スティーブ・サトクリフ 

編集部より

期待のロータス2イレブンをテストする機会に合わせ、ライバルのハードコア・スポーツカーも連れ出し、延べ900kmのロングツーリングで雌雄を決します。過激なクルマたちのグループテスト。『AUTOCAR JAPAN』54号からの再録です。

AUTOCAR JAPAN誌 54号

もくじ

前編
クレイジージャーニーの始まり
ロータスとの対話
ロータス史上最大級の刺激
恐怖さえ感じさせるエルフィン

後編
ブルックは21世紀のスーパーカー
古典的な味わいのケーターハム
二者択一
勝敗やいかに

クレイジージャーニーの始まり

月曜日の朝4時半。私はロータス2イレブンに乗り込み、ブライトンから西ウェールズへと向かった。そしてその5時間後、世の中のナンバープレートの付いたクルマのなかでは最高に刺激的でクレイジーな4台と合流した。

イングランドの南海岸からウェールズの西海岸まで行って帰ってくると900km近くに達する。もし好きなクルマを選んでいいという選択権を与えられたら、たいていの人はパワフルで快適なサルーンを選ぶはずだ。座り心地のいいシートと高級なオーディオシステム、快適な空調、そして洗練された乗り心地と優秀なハンドリングを備えたクルマ。そう、メルセデスSクラスかジャガーXJあたりだ。  

ここはあえて結論を先に言ってしまおう。私は対極にある原始的なクルマを選んだ。ルーフもなければ、ドアもない。ウィンドスクリーンは一応付いてはいるが、下半身に風が直接当たらない程度の防風性しか持たないハードコアなスポーツカーを。われわれは現行の市販車のなかではもっともクレイジーなクルマばかり5台、とっかえひっかえ延べ18時間に渡って狂ったようにドライブした。

疲れたのは確かだが、安楽なサルーンにすればよかったとは少しも思っていない。もう一度やれと言われたら、たぶん喜んでやると思う。それほどまでに、この手のハードコアなスポーツカーがもたらしてくれるスリルは強烈なのだ。  

next pageロータスとの対話

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ