アルピーヌA110 vs マクラーレン570S 比較試乗 なぜ公道で光り輝く?

公開 : 2018.12.01 10:10  更新 : 2021.05.13 12:00

共通するフィール

マクラーレンの現行ラインナップ中、サーキットでのラップタイムや、ライバルを凌ぐ100マイル(161km/h)までの加速タイムといったものからもっとも自由な存在が570Sだろう。このクルマは公道向けに開発されたモデルであり、その意味ではアルピーヌと重要な共通点を持っていると言える。

A110から乗り換えると、570Sはまるで宇宙船のように感じられる。そうはいうものの、どんなクルマに乗ったあとでも、570Sは宇宙船のように感じられただろう。このクルマのパフォーマンスは、そのエンジンが6000rpmを越えて回転上昇を続けるたびに、ドライバーはしっかりとステアリングを握りしめ、目を大きく見開いていなければならないほどだ。

アルピーヌよりもはるかにダイレクトなステアリングや、見事なエンジンサウンドといったものが意味するのは、570Sのドライビングはさらにドライバーを夢中にさせるということだ。実際、これ以上ドライビングを楽しめるモデルなど思いつかない。

A110から乗り換えた直後は、570Sを硬く気難しいモデルのように感じるが、少し走らせてみれば、アルピーヌ同様、このマクラーレンにも落ち着きとしなやかさが備わっていることに気付くだろう。

さらに、路面不整に対しても、はねつけるのではなく吸収することで、まるで路面と一体化するかのようであり、それも柔らかく、かつ軽やかにこなしてみせる。コーナー入口では、フロントタイヤに発生するサイド方向のグリップとともに、リアの細かな動きもハッキリと感じ取ることができるが、その瞬間、ドライバーはアルピーヌとの共通点を完ぺきに理解するだろう。つまりA110もまったく同じフィールを感じさせるのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事