アルピーヌA110 vs マクラーレン570S 比較試乗 なぜ公道で光り輝く?

公開 : 2018.12.01 10:10  更新 : 2021.05.13 12:00

当代随一のパフォーマンスモデル

570Sが履くのも、この種のクルマとしては控え目とも言えるピレリPゼロであり、超ハイグリップのPゼロ・コルサでもなければ、もちろんサーキット向けのトロフェオRでもない。

そのコーナリンググリップはアルピーヌが履くミシュラン以上だが、フロントタイヤの状態を感じられないほどではなく、多少コーナーを攻め込んでみれば、路面にブラックマークを残しつつ、アペックス通過後にはアクセルオンでリアを振り出しながら脱出することも可能だ。事実、570Sでグリップを使い切ろうと思えば、A110よりもかなり攻め込む必要があるが、それでも公道でグリップ限界に到達することはできる。

これが2台に深く共通している点だ。一般の高速道路では持て余すような速さやグリップではなく、公道でもA110と570Sはその実力を発揮させることが可能であり、それがこの2台をもっとも運転が楽しめる現代のパフォーマンスモデルにしている。

この2台に乗って1日を過ごしてみれば、サーキット最速というあまり意味のない目的のために、B級路での楽しみを失ってしまった多くのスポーツカーやスーパーカーたちへ同情の念を禁じ得ないだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事