【レースカーが公道に】マクラーレン620R 570S GT4がベース 350台のみ 英価格3570万円〜

公開 : 2019.12.11 11:25  更新 : 2019.12.11 11:25

マクラーレンが620Rを発表。レースマシンである570S GT4がベースです。570S GT4は規定により425psに制限されますが、620Rは620psを発揮。350台のみの生産。英価格は税込で25万ポンド(3570万円)〜。

もくじ

620R、レースカーの公道バージョン
レーシングカーのDNAは保持
エクステリア/インテリア 620Rの特徴
自分好みの色やトリムに MSOも助力
350台のみの生産 英価格、3570万円〜

620R、レースカーの公道バージョン

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

マクラーレンは、620Rと呼ばれるGT4レース用マシンのロードゴーイング仕様をスポーツ・シリーズにラインナップし、来年初めに生産を開始する。

「レースカーの公道バージョン」と言われている620Rは、シャシーや空力デバイスの大部分をレースカーである570S GT4と共有している。

マクラーレン620R
マクラーレン620R

マクラーレンは、「620RはレースカーのDNAを持っている一方で、モータースポーツの規定には縛られないモデルである」といっている。

570S GT4はレギュレーションにより、標準車である570Sの570psから425psに制限されている。

一方で620Rは、その車名の通り620ps、63.1kg-mを発生し、歴代スポーツシリーズの中で最速のモデルとなった。

570Sと比較して乾燥重量で約30kg軽量化され、0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/hは8.1秒、最高速度は時速200マイル(322km/h)に達する。

レーシングカーのDNAは保持

もちろん、レーシングカーのDNAは保持されている。

620Rには、570S GT4と同じく減衰力を32段階に調整できる2ウェイ・アジャスタブル・コイルオーバーシステムが搭載されており、ダンパーは標準のスポーツユニットより6kg以上軽い。

620Rにはベースとなった570S GT4と同じコンポーネントが多く存在する。
620Rにはベースとなった570S GT4と同じコンポーネントが多く存在する。

マクラーレンによると、標準仕様よりも硬いスプリングとアンチロールバー、およびステンレス製マウントと組み合わされることで、操縦性とレスポンスが大幅に向上しているという。

620Rは、スリックタイヤで走るように設計されており、ピレリ・トロフェオRのセミスリックタイヤが標準で装着される。

オプションでマクラーレン用に特別に開発されたスリックタイヤを選ぶこともできる。

ブレーキは、カーボンセラミック製となる。

エクステリア/インテリア 620Rの特徴

エアロダイナミクスは、標準のスポーツシリーズと比べて特に差別化されているところだ。

リアウィングは570S GT4と同じ角度調節可能なカーボンファイバー製で、最大185kgのダウンフォースを得ることできる。

マクラーレン620Rのリアウィングは570S GT4と同じ角度調節可能なカーボンファイバー製。
マクラーレン620Rのリアウィングは570S GT4と同じ角度調節可能なカーボンファイバー製。

車体のエアフローを最適化するため、フロントバンパー、スプリッター、ボンネットは改良が加えられた。

軽量化のため、フロアマット、グローブボックス、エアコン、カーナビゲーション、オーディオ・システムは省かれている。

これらはすべて追加費用なしで装着することもできる。

トラックテレメトリーシステムが標準で装備され、タッチスクリーン上に表示される。

オプションで3台のカメラを装着することもできる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事