アストン マーティン・ヴァンテージAMR 7速MT搭載

公開 : 2019.05.01 12:10

ル・マンでの快挙を記念

トルクが抑制されているとはいえ、MTの搭載と軽量化によりさらに高次元のドライビング体験が得られるという。そして最新版の「スカイフック」と呼ばれる3段階の可変ダンピングシステムが装備される。シャシーのその他の部分は無変更だ。

5種類のデザインが用意され、合計で200台が生産される予定だ。最後の59台については「ヴァンテージ59」と呼ばれる特別な仕様となり、1959年のル・マン24時間においてデイビッド・ブラウン・レーシングのアストンDBR1が成し遂げた1-2フィニッシュから60周年を記念するものだ。

これはアストン マーティン唯一のル・マンにおける完全勝利だ。ただし、アストン マーティン・レーシングは最近でもヴァンテージによりGTEプロクラスで優勝を飾っている。

1959年のDBR1に似たグリーンとライム色のカラーリングが施されるほか特別なレザーとアルカンターラの内装が特徴となる。

ヴァンテージAMRの価格は14万9995ポンド(2180万円)からとなり、これは通常版よりも2万9000ポンド(420万円)高い。そして「59」エディションでは16万4995ポンド(2400万円)となる。納車開始は2019年第4四半期に予定されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アストン マーティンの人気画像