国内試乗 マツダ3(新型アクセラ) 1.8ディーゼル/セダン2.0ガソリンを評価

公開 : 2019.06.24 09:00  更新 : 2019.06.24 11:26

「買い」か?

ADAS標準フル装備 戦略価格

マツダ3の車両本体価格は競合他車と比較すると少し高めの設定なのは事実だ。ただし、ヘッドアップディスプレイや初期パッケージ段階からスピーカー位置を突き詰めた高品位オーディオシステム、そしてスムーズレザーの本革ステアリングは全車標準装備で、今回の1.8ℓディーゼルと2.0ℓガソリンはADAS(先進安全運転支援システム)も標準フル装備となる。

これら装備内容を考えると、実質的には他車より割高なわけではない……どころか、内外装備の高い質感なども考慮すると割安感すら抱かせる戦略的な価格設定である。

ただ、先代のマルチリンクからトーションビームとなったリアサスペンションはなるほどコストダウンの意味もあろうし、最新の競合車と比較するとグレードダウン感もなくはない。ただ、トーションビームにはコスト以外に空力や重量面、そしてロール剛性などの利点もあり、少なくとも今回の試乗では明確なデメリットは感じ取れなかった。まあ、マツダ3は4WDのそれもトーションビームのままなので、そのあたりのマッチングは実車に乗ってみないと分からないが……。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事