ロードテスト DS 3クロスバック ★★★★★★☆☆☆☆

公開 : 2019.07.21 09:50  更新 : 2021.03.05 21:42

結論 ★★★★★★☆☆☆☆

「デザインはスマッシュヒットとはいえず、質感や走りの洗練性は足りない」

DSオートモビルズがデザインで何を表現するかという試みとしては、この3クロスバックは以前に登場した7クロスバックより、恐らくはDSブランドが重視しているアヴァンギャルド精神に沿ったものとなっている。これが特別に魅力的だと評したテスターは少ないが、その内外装とも大胆なデザインは賛否含めてかなりの注目を集めそうで、成功が見込めるといっていい。

このフランスのブランドはよりよいデザインをいくつかの点で見つけたように思えるが、いっぽうでこのクルマにはその全体的な魅力を削ぐような欠点もある。際立つもののないハンドリングやムラのある乗り心地は顕著なマイナス点で、インテリアは最近のコンパクトクロスオーバーに比べれば広さや便利さが不足気味だ。また3気筒エンジンは称賛すべきパフォーマンスや洗練と経済性を発揮するものの、その風変わりなイメージに惹かれるひとびとの気を削ぐほど価格は高い。

全般的に見て、このクルマには興味をそそられるが、それは表面的なレベルにとどまり、デザインの魅力を後押しするような高級感や走りの洗練性、日常使いでの利便性といった点では、このクラスのライバルたちに太刀打ちできない。

担当テスターのアドバイス

サイモン・デイヴィス

ディスプレイの下に配置されたダイヤ型のボタンは、イライラするくらい手触りにムラがある。強く押しても反応しないものがあるかと思えば、間違えて触れてしまっても作動するものもある。というのも、実際にはスイッチとセンサーが混在しているからだ。

マット・ソーンダース

初代DS 3は見栄えのいいクルマだった。このクルマは、価格とポジションに見合った魅力があらゆる面で必要だ。もしそうなら、たいていのことは多めに見られるだろう。しかし、このルックスの独創性は認めるが、それで買いたいと思えるものではない。

オプション追加のアドバイス

5グレード構成で、中間グレードのパフォーマンスラインとプレステージなら標準装備に満足でき、フルオプション化も可能になる。

改善してほしいポイント

・エクステリアの見直しを。停めているときに周囲の目を引くような魅力に欠ける。
・キャビンのエルゴノミクスを合理的に。まず手をつけるべきは、ルーバーしか動かせない上に閉じることのできない送風口だろう。
・かつてのDS 3ハッチバックが備えていた、ハンドリングの元気さを思い出してもらいたい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×